Home > history > 日本の歴史と古くから深く関わるのぼり

日本の歴史と古くから深く関わるのぼり

街中や商店街などで日頃から見かけることの多いのぼりは、日本にとって馴染み深い存在です。

ゲームセンターやスーパーマーケット、神社などでもよく目にしますよね。

のぼりがいつから日本人の間に定着かというと、戦国時代からになるそうです。

魏志倭人伝や日本書紀などにも、のぼりについての記録が記されているのだとか。

戦国時代ののぼりは、荒れる戦の中でも、敵と味方を間違えないようにするため、あるいは自分たちの軍を誇示する意味合いで掲げられていたのだそうです。

風林火山とはよく耳にすると思いますが、あの武田信玄がのぼり旗に書いて使用したことで有名ですね。

戦国時代ののぼりは、このように歴史の中で重要な役割を果たしていたことがわかりますね。

そして戦国時代以降も、お祭りや式典など縁起のいいお祝い事にのぼりが利用されるようになりました。

さらに、なんと日本の童話、桃太郎の中にも、のぼりは登場しています。

物語の中では、きびだんごでお供になった猿やキジ、犬と共に、鬼退治に行くことになった桃太郎が、背中にのぼりを差して掲げているのだとか。

鬼退治の決意の表れと、仲間たちとはぐれないようにするための役割があったのでしょうね。

Comments are closed.

TOP