Home > history > 日本ならではの鯉のぼりにも古い歴史がありました。

日本ならではの鯉のぼりにも古い歴史がありました。

のぼりと言えば、スーパーマーケットなどで見かけるのぼりの他に、鯉のぼりを思い出しませんか?鯉のぼりにも、のぼりとはまた異なる歴史があります。

昔から日本では、子供が生まれると家の前に長い竿を立てる風習があったそうです。

そうすれば、神様が天から竿をつたって下りて来て、子供を守ってくれると信じられていたのだとか。

そして、神様の注目を引くような色の鮮やかな布を、竿の先端につけるようになったそうです。

これが、現在の五色の吹流しと呼ばれる風習の原型となったようです。

封建時代になると、武家では男児の誕生を祝って、菖蒲などで作った兜を飾ったり、吹流しなどを戸外に立てたりする風習がありました。

また江戸時代では、経済的に余裕のある商人が我が子の成長と出世を願う風習として、民衆のアイデアから鯉のぼりと五色の吹流しが共に庶民の間に広まったとされています。

元々馴染みのあった五色の吹流しの風習のおかげで、鯉のぼりも広まりやすかったのでしょうね。

ここで、なぜ鯉なのか?疑問に思うかもしれません。

実は、中国の故事に由来しているそうです。

中国では、竜門の滝を登り切ると鯉が竜になるという登竜門の伝説が古くから伝わっており、これになぞらえて、鯉のぼりに我が子の健康と出世を願う気持を込めたのだと言われています。

Comments are closed.

TOP